Menu

就職の内定辞退の方法とは

0 Comment

就職活動を進めていると、せっかくもらった内定でも、どこか一つを残して辞退せざるをえないことになります。数社を並行して面接をしていると、同時に何社かから内定が得られることがあります。けれど、自分の体は一つですので、就職先はどこか一つを選ばなければいけなくなります。どの会社の内定を受けて、入社するのかは慎重に考えて決定する必要があります。将来的に自分がどうしたいかをきちんと考えた上で、就職先を決定することが重要になります。望まない仕事につくと、継続して働くことがどんどん苦痛になってきて、結局やめざるをえなくなったりします。後日、やっぱりこの会社は嫌だと思うような決め方をしては、就職活動がうまくいったとはいえません。内定をいくつかもらってしまってから、辞退しなければならなくなった時には、どういう行動が適切でしょうか。内定辞退したいという意思を先方に伝える時には、メールを使うという手段もありますが、可能なら電話で直接話したほうが好ましいでしょう。電話で内定の辞退を伝える際には、こちらから辞退する理由を告げる必要はありません。企業のほうから、内定を辞退する理由を聞かれることがあったら、きちんと話します。先方の理解が得られたら、お詫び状を送るのが正しい手順です。内定を辞退するに際してのお詫び状は、簡潔な内容で構わないので、電話をしてから早めに送付するようにしましょう。