Menu

就職試験での一般常識問題の対策

0 Comment

就職試験では、一般常識が筆記試験の段階で出ることがあります。どういった勉強方法が効果を発揮するのでしょう。一足飛びに効果が現れる手段ではないですが、中学、高校時代の教科書をもう一度引っぱり出して、勉強をし直しておくことが一般常識問題では有効といえます。一般常識というのはその名前のとおり非常に一般的な範囲から出題されますので、いわゆるヤマを張るということはできないと考えおく必要があります。ただし、あくまで一般常識ですから、難易度はかなり低めです。おそらく、ほとんどの大学の入試問題レベルよりは易しい問題となっているようです。計算問題も一般常識に含まれますが、その時でも中学生が解けるくらいの内容に留まっており、中学数学の内容には至っていません。一般常識とは、中学校レベルであるということができるでしょう。得意でないジャンルでも、最低限知っておきたい範囲に焦点が当たっています。好きな教科なら、あまり事前の準備に時間を割かずとも、就職試験では一般常識試験を受けることが可能です。しかし何もしないて就職試験に臨むのは不安な気持ちになってしまうので、就職活動用の一般常識問題集があるので1冊購入するのもひとつの方法です。苦手意識が強い教科の対策だけでなく、得意な教科の問題もどういうものがあったか思い出しておくことで、実際の試験をスムーズに受けることができます。たくさんの種類の就職試験対策に役立つ一般常識の問題集が販売されているので、自分に適した1冊を見つけることができるでしょう。